資料の作り方とデザイン (1/5):資料作成の流れ

作成日:
2021-04-27
更新日:
2021-06-23
資料の作り方とデザイン (1/5):資料作成の流れ

資料・スライドは、ビジネスにおける様々なシーンで利用されています。Questが提供するインタビュー・アンケートサービスでも、成果物としてパワーポイントを始めとした資料を納品しています。本記事を含む「資料の作り方とデザイン」コラムシリーズでは、コンサルティング業界におけるスライド作成術を参考にしながら効率的に明快なスライドを作成する方法を紹介します。 まず、本記事では資料作成・デザインにおける全体像をみていきましょう。

スライド作成の流れ

スライドの作成は、主に以下の3つのフローに沿って行われます。当たり前のように思える方も多いかとは思いますが、意外と忘れがちなので常に業務の中で振り返ってみるといいかもしれません。

  • ステップ1: サマリースライドを作成する(全体構成を作成する)
  • ステップ2: 各スライドの構成を決める
  • ステップ3: 各スライドの分析を進める

ステップ1: サマリースライド作成

このプロセスでは、スライドの全体構成を構造化して文章化することを目的とします。新卒・中途含めて戦略コンサル業務に初めて従事する方の9割以上が、このステップを飛ばしてしまう傾向があります。いきなり分析を始めて、「結局何が言いたいのか?」を聞かれて答えられないことがないよう、まずは「何を言いたいのか」を明確にするプロセスを必ず考えるようにしましょう。

因みに、「サマリースライド」と記載しましたが、「サマリーワード」でも問題ありません。一部のコンサルタントはOutlookを利用してそのままメールをしたり、テキストエディタを利用したりしています。未だに秀丸のようなソフトを利用している方も少ないですが見かけることがあります。

ステップ2: 各スライドの構成決定

ステップ1のサマリースライド作成が完了した後は各スライドの構成を考えます。このプロセスでは、全体構成の内容をスライド上で適切に表現することを目的としています。詳細の記事ではスライドにおいて必ず記載されていなければならない要素や、適切なレイアウトとはどのようなものかについて触れていきます。

ステップ3: 各スライドの分析を進める

全体の構成に従ってスライドの構成を作成した後は、個別のスライドを作成していきます。今回のコラムシリーズでは、個別のスライドで陥りがちなミスについて「最終チェック」の形式で説明していきます。完成したスライドを誰かに見せる前に、自分で最低限チェックできる項目について記載をしているので作成したスライドの最終確認に活用してみてください。


調査の実施をご検討であれば、まずはお気軽にご相談ください
漠然と検討している段階の方からのお問い合わせも歓迎です

調査のご相談 (無料)

最新のコラム記事

3分でわかる「Quest での調査」
どれくらいの価格・期間でどんな成果が得られるかを解説した資料です
電話でのお問い合わせ
03-4500-8405
お問い合わせ・実施のご相談
お見積りや調査設計に関する詳しいご相談は、問い合わせフォームよりご連絡ください
電話でのお問い合わせ
月 ~ 金 10:00 - 18:00
(年末年始・祝日を除く)
アンケート分析・レポート作成ツール
無料相談

お問い合わせ