パワーポイント・スライドの作り方~プレゼン資料作成の進め方とコツを解説~

作成日:
2021-08-17
更新日:
2021-08-19
パワーポイント・スライドの作り方~プレゼン資料作成の進め方とコツを解説~

パワーポイント・スライドは、ビジネスにおける様々なシーンで利用されています。Questが提供するインタビュー・アンケートサービスでも、成果物としてパワーポイントを始めとした資料を納品しています。本シリーズでは、コンサルティング業界におけるスライド作成術を参考にしながら効率的に明快なスライドを作成する方法を紹介します。 今回は、基礎的なパワーポイント・スライドの作り方を解説します。

プレゼン資料の流れ

初めに、プレゼン資料における大まかな流れを見ていきましょう。

一般的に、資料は①表紙→②目的→③目次→④コンテンツ→⑤まとめという流れになります。

目的スライドでは、今回のプレゼンで説明するテーマを伝えます。聞き手はプレゼンへの興味が薄かったり、何のプレゼンなのかを把握していない可能性があります。したがって、最初にプレゼンの目的を伝えましょう。

目次スライドでは、プレゼンの全体像とこれから話す項目を伝えます。目次があることで、聞き手は、プレゼンの流れを見失わずに聞くことができます。

コンテンツスライドでは、グラフなどを用いて、自身の主張を伝えます。プレゼンにおける本論となります。

まとめスライドでは、コンテンツで扱った内容を簡潔に伝えます。ものによっては数十分と続くプレゼンもあるため、言いたかった内容を改めて聞き手に伝える必要があります。

パワーポイント・スライドの作り方

スライドの作成は、①サマリースライド(全体構成)を作成する②各スライドの構成を決める③各スライドの分析を進める、といった3つの手順になります。当たり前のように思える方も多いかとは思いますが、意外と忘れがちなので常に業務の中で振り返ってみるといいかもしれません。


資料作成の流れの全体像
資料作成の流れの全体像

ステップ1:サマリースライド(全体構成)を作成する

このプロセスでは、スライドの全体構成を構造化して文章化することを目的としています。新卒・中途含めて戦略コンサル業務に初めて従事する方の9割以上が、このステップを飛ばしてしまう傾向があります。いきなり分析を始めて、「結局何が言いたいのか?」を聞かれて答えられないことがないよう、まずは「何を言いたいのか」を明確にするプロセスを必ず考えるようにしましょう。


因みに、「サマリースライド」と記載しましたが、「サマリーワード」でも問題ありません。一部のコンサルタントはOutlookを利用してそのままメールをしたり、テキストエディタを利用したりしています。未だに秀丸のようなソフトを利用している方も少ないですが見かけることがあります。

ステップ2:各スライドの構成を決める

ステップ1のサマリースライドの作成が完了した後は各スライドの構成を考えます。このプロセスでは、全体構成の内容をスライド上で適切に表現することを目的としています。スライドのレイアウトやグラフのデザインなどについて、どのように表現するのが適切か検討します。

ステップ3:各スライドの分析を進める

最後に、全体の構成に従ってスライドの構成を決定した後、スライドの作成行います。このプロセスでは、スライドを作成し終わった後に、改めてスライドがわかりやすいか、論理の飛躍はないか等を最終確認します。

プレゼンで伝わるスライドを作るコツ

続いては、資料が伝わりやすくなる5つのコツについて説明します。

作り方のコツ①: 1枚のスライドに1つの内容

スライドを作成するうえで最も重要なコツになります。スライドを作る際には、1枚1枚のスライドが何を伝えたいのか、すなわち何のために各スライドを作っているのかを必ず意識しましょう。1枚のスライドを通して、最も伝えたいことが複数ある場合は、スライドの構成を見直す必要があります。

作り方のコツ②: 読みやすいフォントの大きさにする

基本的なところではありますが、スライドを理解してもらううえでフォントの大きさは非常に重要になってきます。大きな会場でスクリーンに映し出す場合や1人1部ずつ配布する場合などによって、適切な文字の大きさは変わりますが、基本的には12pt.未満は避けるとよいでしょう。

作り方のコツ③: 余白を確保する

資料作成において、つい犯してしまいがちなミスに、スライドに余白があることを恐れて、文字やオブジェクトをぎちぎちに詰め込んでしまうことが見られます。文字がぎっしり詰まった新聞やレポートを見ると読む気が削がれるように、スライドも適度な余白があることが重要です。

作り方のコツ④: 色使いを制限する

配色も一定のルールを用いて運用すると、より効果的に情報を伝えられます。赤色や黄色といった強調色は乱用しない、一緒の色は一緒のカテゴリーといったことを意識するだけでも資料はより伝わりやすくなるでしょう。他方、むやみに様々な色を使うと、読み手側はどこを見ればいいのか混乱してしまう可能性があります。3色ぐらいを限度に使用しましょう。

作り方のコツ⑤: オブジェクトを統一する

オブジェクトも配色と同様、決まり事を守って利用すると、読み手の理解を促せます。■や●など、同じ形は同じカテゴリーに用いる、奇抜な形は乱用しないといったことを意識してみましょう。

まとめ

パワーポイントやスライドといった資料は、全体を通して「何を言いたいのか」が明確で、なおかつ各スライドが伝わりやすいレイアウトになっていることが大切です。

そのために、全体の構成を考えてから各スライドの作成に取り掛かること、伝わりやすくなるコツを意識して作成することを心がけましょう。


調査の実施をご検討であれば、まずはお気軽にご相談ください
漠然と検討している段階の方からのお問い合わせも歓迎です

調査のご相談 (無料)

最新のコラム記事

3分でわかる「Quest での調査」
どれくらいの価格・期間でどんな成果が得られるかを解説した資料です
電話でのお問い合わせ
03-4500-8405
お問い合わせ・実施のご相談
お見積りや調査設計に関する詳しいご相談は、問い合わせフォームよりご連絡ください
電話でのお問い合わせ
月 ~ 金 10:00 - 18:00
(年末年始・祝日を除く)
アンケート分析・レポート作成ツール
無料相談

お問い合わせ