ステークホルダーマップとは? 作り方と活用事例をご紹介

作成日:
2021-07-14
更新日:
2021-07-14
ステークホルダーマップとは? 作り方と活用事例をご紹介

ステークホルダーマップとは、プロジェクトを取り巻く人や組織とその関係性を図式化したものです。本記事ではステークホルダーマップの作り方と活用事例をご紹介します。

ステークホルダーマップとは

ステークホルダーマップとは、プロジェクトを取り巻く人や組織とその関係性を図式化したものです。具体的には、サービスの全体像、ヒト・モノ・カネ・情報の流れ、潜在していた利害関係者を可視化することができます。

ステークホルダーマップの形式には、マインドマップ型、マトリクス型、表型などあります。また、付箋やホワイドボードを使って手作業で整理する場合や、オンラインツールを利用する場合があります。

ステークホルダーマップの作り方

ステークホルダーの洗い出し

まず、プロジェクトに関わる人や組織を書き出します。4P分析、SWOT分析のようなフレームワークを用いることで、検討事項の漏れを防ぐことができるでしょう。

各ステークホルダーとの関係性を明らかにする

関係者を洗い出したら、それぞれがどのように、どれほどのインパクトをもってプロジェクトに携わっているのかを分析します。ヒト・モノ・カネ・情報がどのように移動しているのか注意すると良いでしょう。

関係性を図式化する

前段で整理した関係性を可視化します。各ステークホルダーの需要やプロジェクトに潜む課題についての示唆を考察することができます。ステークホルダーを描くサイズや矢羽根の太さを変えることによってインパクトの大きさを表すなど工夫すると、マップが明快になるでしょう。

ステークホルダーマップの活用事例

これまでステークホルダーマップの作り方を見てきましたが、花キューピッドを例に取ると下記のようになります。

ここでは、自社のほかに、顧客、生産者、運送者、オンラインサイトしか記載していませんが、店舗の土地を管理するショッピングセンターや不動産屋、包装品を生産する工場、カード決済などで連携をする金融会社などもステークホルダーとして考えられます。


調査の実施をご検討であれば、まずはお気軽にご相談ください
漠然と検討している段階の方からのお問い合わせも歓迎です

調査のご相談 (無料)

最新のコラム記事

3分でわかる「Quest での調査」
どれくらいの価格・期間でどんな成果が得られるかを解説した資料です
電話でのお問い合わせ
03-4500-8405
お問い合わせ・実施のご相談
お見積りや調査設計に関する詳しいご相談は、問い合わせフォームよりご連絡ください
電話でのお問い合わせ
月 ~ 金 10:00 - 18:00
(年末年始・祝日を除く)