アンケート調査分析で使う「クロス集計」とは? エクセルのピボットテーブルを利用した集計表の作り方も解説

作成日:
2021-06-10
更新日:
2021-07-14
アンケート調査分析で使う「クロス集計」とは? エクセルのピボットテーブルを利用した集計表の作り方も解説

「クロス集計」の意味の解説からアンケート分析でよく使われるエクセルのピボットテーブルを使ったクロス集計表・グラフの作り方まで解説します。

クロス集計とは

クロス集計とは、集めたデータを2つ以上の分析軸から集計していく手法のことです。分析軸として主に用いられるのは、回答者の属性や設問の回答内容です。これらはそれぞれ「属性間クロス集計」「設問間クロス集計」と呼ばれています。

アンケートでクロス集計分析をするメリット

大容量のデータを複数の分析軸をもとにセグメントに分けて集計することで、様々な分析軸に合わせた各セグメントのデータ量を可視化できます。

アンケートでクロス集計分析をする際の注意点

データ量が大きくない場合、セグメント化していく過程で各セグメントの度数が小さくなりすぎ、分析を有効にできない可能性があります。単純集計等で予めこのような事態が発生しないように確認しておくことが望ましいです。

クロス集計を行う際には、アンケートを設計する時点から注意する必要があります。1つの設問に複数の質問内容を組み込むとエクセルでピボットテーブルに落とし込む際などに、それ以上細かいセグメントに分割できないといった問題が発生することがあります。

アンケート分析でよく使われるクロス集計表の種類

属性クロス集計

アンケートなどで集めたデータについて、回答者の属性ごとにその傾向を分析することができます。回答者の属性の例としては、年代・性別・居住地・職業・家族構成やこれらの要素を合わせたもの(年代と性別)があります。

設問間クロス集計

アンケートなどで集めたデータについて、回答者の回答内容(属性設問以外)ごとにその傾向を分析することができます。例えば、ある食品についてのアンケートで、「その商品の品質への評価(良い/普通/悪い)」と「その商品を購入する頻度(毎日/隔日/...)」という二つの設問について、これらのデータを合成して分析できます。この場合、購入頻度が毎日である人の品質への評価を分析することができます。

多重クロス集計

クロス集計における分析軸は2軸である必要はありません。必要であれば、3軸以上にすることもできます。これらはそれぞれ「n重クロス集計(n=1,2,3...)」と呼ばれます。上記の属性間クロス集計における、「年代+性別+他の設問のデータ」は、3重クロス集計の一つと言えます。

単純集計

クロス集計とともに単純集計もよく用いられます。単純集計とは、1つの設問についてのデータのみをまとめたものです。言い換えると、分析軸が1つしかないということになります。

アンケート分析で使われるクロス集計表の見方

クロス集計表では、各セグメントは、表側と表頭の各要素の交差点です。つまり、それらの要素の部分集合が各セグメントとなります。表では、セグメントごとに度数と割合が多くの場合記載されています。

表側

表の縦軸のこと。表における最も左の列を表しており、通常分析軸が記載されている。

表頭

表の横軸のこと。表における最も上の行を表しており、通常分析軸が記載されている。

度数(実数)

アンケートの結果得られた各セグメントに関する回答者数のこと。

割合(比率)

各セグメントの度数を各セグメントの度数の合計値で割ったもの。行の合計に対する割合であるか、列の合計に対する割合であるかによって、「横%表」「縦%表」と呼ばれる。ただし、各セグメントの割合の行/列における合計値が100%になるのは、設問が単一選択であるときのみであることに注意する必要がある。

Excel ピボットテーブルを使ったクロス集計表・グラフの作り方

  1. クロス集計したいデータを全て選択します(この際、ラベルも選択してください)
  2. シートが選択されている状態のまま、「挿入」→「ピボットテーブル」と選択します
  3. 「ピボットボックスの作成」が出てくるので、「OK」を選択します
  4. エクセル上に項目が入力されていないピボットテーブルが出てくるので、1.で選択したデータを「ピボットテーブルのフィールド」の該当箇所にドラッグします
  5. 「ピボットテーブルのフィールド」内で、分析したい項目について選択します
  6. 「列/行/値/フィルター」を行いたい分析に合わせて調整すれば完成です

実際のアンケートのローデータを使ったクロス集計表グラフの作り方事例

あるアンケート調査の結果をもとに説明します。(サンプル数: 男性1,455ss, 女性1,466ss, 合計2,921ss)

以下では、わかりやすくするために、3設問 9人のみのデータを例として記載しています。(実際は2,921人)

A列:年齢、B列:性別、C列:コロナ以後の在宅時間の変化 が記載されたエクセルのローデータがあった場合、

アンケートのローデータイメージ (Excel)

2,921ssに対して、先程の手順でエクセルのピボットテーブルを使ってクロス集計すると、以下のようにクロス集計表ができます。

ローデータをエクセルのピボットテーブルを用いてクロス集計した表

さらに、エクセルのグラフを選択し、「挿入」→「ピボットグラフ」を選択すると自動的にクロス集計の結果がグラフ化されます。

ピボットテーブルを使ってつくったクロス集計表をグラフ化

このようにアンケートをクロス集計分析すると、在宅時間が「やや増加した人」「増加した人」の人数が男性より女性の方が多いことが一目でわかります。


調査の実施をご検討であれば、まずはお気軽にご相談ください
漠然と検討している段階の方からのお問い合わせも歓迎です

調査のご相談 (無料)

最新のコラム記事

3分でわかる「Quest での調査」
どれくらいの価格・期間でどんな成果が得られるかを解説した資料です
電話でのお問い合わせ
03-4500-8405
お問い合わせ・実施のご相談
お見積りや調査設計に関する詳しいご相談は、問い合わせフォームよりご連絡ください
電話でのお問い合わせ
月 ~ 金 10:00 - 18:00
(年末年始・祝日を除く)