フォーカス・グループ・インタビュー(FGI) の概要と実施時の注意点

フォーカス・グループ・インタビュー(FGI)とは?

フォーカス・グループ・インタビュー(FGI)とは、ある目的の情報を収集するために、モデレーターが共通した属性を有する対象者グループに対して調査テーマについて質問し、自由に発言をしてもらう形式のインタビューを指します。実施の際には、最低2グループ以上にFGIを行うことが望ましいとされています。
対象者を複数の「異なる属性のグループ」に分けてインタビューすることによって、それぞれの属性の違いによる実態・意識・評価の違いを見たい場合は、FGIが効果的です。

FGIのメリット

  1. 顧客の反応を素早く確認できること
  2. DIよりも短時間で多くの情報を収集できること

が挙げられます。

FGIのデメリット

  1. 対象者のインサイトを深く掘り下げにくいこと
  2. 費用が多くかかること
  3. モデレーターのバイアスがかかりやすいこと
  4. 機能しない対象者が現れる可能性があること

が挙げられます。

FGIの活用場面

クイックに多くの意見を拾いたいとき/異なる意見に対する各人の反応を見たいときに利用されることが多いです。ある仮説を幅広い観点から検証したり、仮説を発散ベースで精緻化する際にFGIを利用します。

FGI実施時の注意点

  • 適正な人数の設定
    FGIを行う際にはグループの人数を適切に設定することが重要です。人数を少なくしすぎると多くの声を拾えなかったり、議論が発散しにくかったりする一方で、人数を多く設定しすぎるとコストがかかりすぎたり、ファシリテーションがしにくくなったり、対象者1人あたりの声が薄まってしまったりします。海外の研究によると6~12人のグループを設定することを推奨するものも存在しますが、日本の文化的要因を鑑みるとグループの構成人数を多くしすぎると発言しない人もでてくるため、3-6人程度に設定することが一般的です。
  • グループ内の共通性を明確化
    一つのグループ内で生活スタイルや価値観が明らかに異なる人が混在していると、グループとしてのまとまった属性との因果関係が見出せず分析がしにくくなります。また、参加する対象者にとっても、お互いに共通点がある方がお互いの親和性が高まり率直な発言がしやすくなります。
  • グループ間の属性の違いを明確化
    属性の違いが明確でない/重複している場合、グループ間の比較分析を試みても、似たような傾向になりがちです。
  • 話しやすいテーマ・話題の設定
    病気、容姿、辛い/苦い体験、家庭の経済状況など、人前では話しにくいテーマの場合、複数の参加者がいるグループインタビューには適さないケースが多いです。

フォーカス・グループ・インタビュー(FGI)を実施するときに役立つビジネス・テンプレート

現在、準備中です。 お急ぎの場合は、メールにてお問い合わせください。

フォーカス・グループ・インタビュー(FGI)を調べた人は、他にもこんな用語をチェックしています

フォーカス・グループ・インタビュー(FGI) に関連した調査を株式会社Questで実施した事例

(準備中)

フォーカス・グループ・インタビュー(FGI) を実施するなら 株式会社Quest にご相談ください

関連する事業紹介

定性調査 | 消費者インタビュー

最短半日・適正価格でできる消費者調査

アンケートもインタビューも最短半日で完了する、業界最速水準の消費者調査を提供しています。これまで1週間以上かかっていた調査も最短半日で完了し、利用したほぼ全てのクライアント企業様から「スピードが他社よりも速い」と認識頂いています。戦略コンサルティング会社出身者がサポートすることにより品質を向上する一方で、最適な手法を選択することで価格もリーズナブルに抑えられることも特徴です。

事業内容を詳しくみる
調査実施のご検討・ご相談はこちらから
MAIL FORM
お問い合わせ・実施のご相談
お見積りや調査設計に関する詳しいご相談は、問い合わせフォームよりご連絡ください
TEL
電話でのお問い合わせ
月 ~ 金 10:00 - 18:00
(年末年始・祝日を除く)
お問い合わせ・実施のご相談
お見積りや調査設計に関する詳しいご相談は、問い合わせフォームよりご連絡ください
電話でのお問い合わせ
月 ~ 金 10:00 - 18:00
(年末年始・祝日を除く)