ユーザーワークショップの概要と実施時の注意点

ユーザーワークショップとは

ユーザーワークショップとは?

ユーザーワークショップとは、ユーザーとともに既存事業の改善案や新規事業案などを共創することを目的としたワークショップです。ユーザーと自社担当者、ユーザー同士のグループワークを通じて、自社のみでは発想することが難しい革新的なユーザー起点のアイデアを創出することができます。また、ユーザーワークショップにおいてはエクストリームユーザーをチームメンバーに組み込むことにより、商品・サービスに対する世間の常識や固定観念からは見つけることができないニーズを発見することができるため、エクストリームユーザーをスクリーニングしておくことが大切となります。

ユーザーワークショップの活用場面

ユーザー起点での発想を取り入れ、商品・サービス仮説立案や検証を行う際に用いられます。
ユーザーの商品・サービスの利用シーン・文脈を詳しく知ることができるため、それらを用いて商品・サービスの仮説を立てることができます。また、実際のユーザーの反応や意見を受け、商品やサービスがユーザーニーズを充足するのかを検証することができます。

ユーザーワークショップ実施時の注意点

  • 目的意識の共有を実施
    担当者とユーザーのそもそもの目的意識に乖離があることが多いため、ユーザーに対してはワークショップの目的や背景を事前にきちんと共有する必要があります。ユーザーが「自分ごと」としてワークショップに参加するか否かによって、アウトプットの質は大きく変化します。
  • 心理的安全性の担保
    ワークショップにおいてファシリテーターや特定のメンバーが議論をリードし過ぎてしまうと、参加者(特にユーザー)は一般的な意見しか話さなくなってしまうケースがある。そのような状態を避けるために、何を話しても大丈夫だという心理的安全性を担保するためのアイスブレイクやファシリテーションを心がける必要があります。
  • 発散だけではなく収束も意識
    ファシリテーションにおいては、ただアイデアを発散して終わらせてしまうのではなく、きちんと評価・絞り込みまで行うように注意しましょう。
  • 簡単なアクティビティでアイスブレイク
    ユーザーワークショップは流れが重要であり、まず最初に場がしらけない程度に簡単な全員参加型のアクティビティを行うことが大切です。
    アクティビティ設計のポイントとして、参加者が恥をかいて自尊心を傷つけることのないよう、①正解がない、②各参加者の貢献が見えやすい、③難易度が低いという点に留意しましょう。ワークショップの設計上、発想が膨らむような創造的なアイスブレイクを設計できると尚良いです。
    アクティビティを通じてアイスブレイクができたら、①正解が一定の方向性で存在する、②各参加者の貢献度がばらつく、③難易度が高い、アクティビティへと移行するようにしましょう。

ユーザーワークショップ の実施をご検討であれば、まずはお気軽にご相談ください。
漠然と検討している段階の方からのお問い合わせも歓迎です

ご相談・お見積り (無料)

ユーザーワークショップ で使えるアンケート (質問項目) テンプレート

個社のご要望に応じて作成いたしますのでお問い合わせください
お問い合わせ

ユーザーワークショップを調べた人は、他にもこんな用語をチェックしています

ユーザーワークショップ をご検討なら
クエストにご相談ください

実施企業数

40
社以上

調査実績

225
件以上

Intv.実績

2,120
人以上

提携パネル数

1,900
万人以上

主なリサーチャーのご紹介

小梶 隆介 | Ryusuke Kokaji
小梶 隆介 | Ryusuke Kokaji
京都大学経済学部卒。富士フイルム → BCG を経て 2021年に Join。
加藤 直樹 | Naoki Kato
加藤 直樹 | Naoki Kato
東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ (東京) に入社し、コンサルタントとして活躍。2019年に株式会社 Quest に Join。

ユーザーワークショップ の実施等に関するご相談はこちら

漠然と検討されている段階の方から、明日調査を開始したい方まで、幅広く対応いたしますので、まずはご相談ください。以下フォームに記載可能な範囲でご記入いただけましたら、内容確認後に担当より遅くとも2営業日以内にご連絡いたします。

下記「個人情報の取扱いについて」をご確認いただき、
同意の上で送信ボタンをクリックして下さい。

【事業者及び個人情報保護管理者】
株式会社Quest
代表取締役 南 健太
TEL:03-4500-8405

【個人情報の利用目的】
当社は、下記の目的で個人情報を利用いたします。
①  お問合せの受付と回答
②  資料等の送付 

【個人情報を第三者に提供する場合について】
当社は、下記の場合を除いて個人情報を第三者に提供することはありません。
①  本人の同意がある場合
②  法令に基づく場合

【個人情報の取扱いの委託を行う場合について】
当社は、上記の利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いを第三者に委託する場合があります。法令及び当社の基準に従って委託先を選定し、機密保持契約を締結します。委託先に対しては個人情報の適切な取扱いを監督指導します。

【個人情報の開示等の請求について】
当社は、保有個人データに関する「利用目的の通知」「開示」「訂正、追加又は削除」「利用の停止、消去又は第三への提供の停止」(以下「開示等」という)の請求に応じています。開示等を請求される場合は、当社「個人情報窓口」までお申し出ください。

【個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果について】
当社への個人情報の提供は本人の任意です。ただし、提供頂けない場合は【個人情報の利用目的】に記載した業務に支障をきたし、本人が不利益を蒙る場合があります。

【個人情報に関するお問合せ先】
〒107-0062 東京都港区南青山一丁目12番3号 
LIFORK MINAMIAOYAMA S208
株式会社Quest「個人情報窓口」
TEL:03-4500-8405

画面が切り替わらない場合は、こちらをクリックしてください。
エラーが発生しました。インターネット接続を確認の上、再度あ試しください。それでもエラーが発生する場合は、お手数をおかけしますが、support@quest-research.co.jp 宛にメールにてご連絡ください。
アンケート分析・レポート作成ツール
無料相談

お問い合わせ