インターネットリサーチの概要と実施時の注意点

インターネットリサーチとは?

インターネットリサーチは、「パネル」もしくは「モニター」と呼ばれる調査対象者に対し、目的に応じた設問を設定し、メールや専用サイトなどWebを利用して設問に回答してもらう調査手法です。
「郵送調査」や「電話調査」などの調査手法よりも時短かつ低コストで自由度が高い反面、調査対象者がパネルの質に依存してしまったり、虚偽回答で信用性が下がってしまったりというリスクも存在します。

インターネットリサーチの活用場面

定量的に仮説の優位性を検証したり、データをもとにレポートを作成したりする際に、インターネットリサーチが用いられるケースが多いです。

インターネットリサーチ実施時の注意点

  • シンプルに質問を作成
    質問は要点を絞り、かつ専門用語や略語といった特定の回答者にしか分からない言葉を使わないように心がける必要があります。
  • オープンクエスチョンを回避
    インターネットリサーチでは回答データを照合したり、分析したりすることが多いため、Yes,Noで答えることができるクローズドクエスチョンをメインで用いるべきです。オープンクエスチョンは補足的に用いるのであれば、有用な情報や洞察を得ることができます。多用してしまうと離脱率が増えたり、無効回答が増える恐れがあるので注意しましょう。
  • 論理的な構成で作成
    構成としては、回答者がアンケートに回答したくなるような導入から入りましょう。 (例: 「お客様へのサービス向上のためにご協力ください。次の簡単なアンケートにご回答ください。」)
    そして、より広い範囲の質問から始めて、次に狭い範囲の質問に移りましょう。最初に性別・年代等の人工統計データを収集し、最後に機密性の高い質問をするのが一般的であり、連絡先情報を尋ねる場合は最後にした方がよいです。
  • 分岐ロジックの動作確認を徹底
    分岐ロジックを挿入した際には、アンケートを公開する前に動作確認を行うようにしましょう。動作確認をしない場合、ロジックのミスがあると対象者に応じた適切な質問がなされなかったり、アンケート結果に分析対象者以外の回答者が混じってしまうケースがあります。

インターネットリサーチを実施するときに役立つビジネス・テンプレート

現在、準備中です。 お急ぎの場合は、メールにてお問い合わせください。

インターネットリサーチを調べた人は、他にもこんな用語をチェックしています

インターネットリサーチ に関連した調査を株式会社Questで実施した事例

(準備中)

インターネットリサーチ を実施するなら 株式会社Quest にご相談ください

関連する事業紹介

定量調査 | 消費者向け・B2B 領域サーベイ

最短半日・適正価格でできる消費者調査

アンケートもインタビューも最短半日で完了する、業界最速水準の消費者調査を提供しています。これまで1週間以上かかっていた調査も最短半日で完了し、利用したほぼ全てのクライアント企業様から「スピードが他社よりも速い」と認識頂いています。戦略コンサルティング会社出身者がサポートすることにより品質を向上する一方で、最適な手法を選択することで価格もリーズナブルに抑えられることも特徴です。

事業内容を詳しくみる
調査実施のご検討・ご相談はこちらから
MAIL FORM
お問い合わせ・実施のご相談
お見積りや調査設計に関する詳しいご相談は、問い合わせフォームよりご連絡ください
TEL
電話でのお問い合わせ
月 ~ 金 10:00 - 18:00
(年末年始・祝日を除く)
お問い合わせ・実施のご相談
お見積りや調査設計に関する詳しいご相談は、問い合わせフォームよりご連絡ください
電話でのお問い合わせ
月 ~ 金 10:00 - 18:00
(年末年始・祝日を除く)